話し相手が見つかるのが高齢者向け住宅の良さ

お年寄りは、孤独になりがちです。
自宅に引きこもりがちになってしまって、話し相手が見つけられないケースも多いです。
孤独感は、脳の退化を促すと言われています。
きちんと話し相手が見つけられた老人とそうでない老人とでは、痴呆症にかかる割合も大きく変わってきます。
肉体的、精神的な健康のためにも、孤独を解消することが求められています。
高齢者向け住宅の多くが、集合住宅タイプになっています。
こうした不動産物件に入居すれば、話し相手を見つけることはさほど難しくありません。
まず、住民はほとんどすべて、自分と同じような高齢者です。
ですから、ご近所さん同志で友達になることができるわけです。
また、常駐のケアスタッフも、常に話し相手になってくれます。
ケアスタッフは、利用者と会話をする中で、健康面に異常がないかをチェックしているからです。
嫌な顔をされることもないので安心です。
このように、高齢者向け住宅には、孤独感を払拭するという隠れた役割もあるのです。