高齢者向け住宅とバリアフリーの準備

高齢者向け住宅は高齢化社会では必須の住まいになります。
以前はマイホームを購入する場合でも、購入する世代の家族の気持ちや条件だけを考えて購入すればよいということでした。
マイホームは、欲しいものの中でも別格で、人生の目標にしている人もあり、主婦でもマイホームを持つことが夢という人たちも多くいます。
これは経済的な考え方ではなく、理屈ではない夢の実現です。
ステータスでもあり、持っていない人たちに対する優越感にもなりました。
しかし、最近はその考え方も変わってきています。
その理由が長寿という誰もが願っている幸福だと言われている状況です。
人間はできるだけ長くこの世を生きたいと考えていて、それは生き物であれば、どの生き物も同じように考えます。
人間の場合も同じですが、問題は経済的な条件です。
お金がないと生きてはいけないのですが、寿命がのびるとその分生活費などがかかります。
それも何十年分です。
介護も必要になり、医療費も必要になりますが、それらをできるだけ効率的に準備したり使ったりする場合に、高齢者向け住宅で健康に生きていくということが非常に大きな条件になります。